学資保険の口コミ人気

 誰か知らない人の口コミよりはマシ!保険シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

かんぽ生命が5年で100億円以上の不払い事件はすごく怖い・・・

かんぽ生命の不払いイメージ

郵便局イメージ 「郵便局だからやっぱり安心だよね♪」

周りの親族、友人のご家庭でも加入していることが多かったかんぽ生命の子供保険。おそらく学資保険の中でも最も人気の高い商品のひとつでは無いでしょうか?

私が学資保険を選びたいと思ったとき、周りに相談したとき圧倒的な指示の高さでした。

・・・それを見事に裏切ってくれた形ですね。

10万件って、ハンパな数じゃありませんよね?大失敗している方も少なくありません。

ちなみに私はどうだったのかというと、最後まですごく悩んだのですが、ギリギリセーフでした。理由としては人一倍、臆病だったからです(笑)

なにせ学資保険に加入したら途中解約しない限り、子供が17歳か18歳になるまで毎月支払い続けることになるのでけっこうな負担なんですよね。当たり前ですが。。。

だから他の人の口コミとかをそのまま鵜呑みにする勇気が無かったんです。。。

参考になるかどうかわかりませんが、私がどういう手順で保険を決めたのか?の手順を以下に掲載しておきますね。

まずは保険のシミュレーションからスタート

ひょっとしたらご存じの方も多いかもしれませんが「保険市場」ってサイトがあります。おそらく日本で一番大きな総合保険サイトじゃないかな?と思っていたりします。

運営会社であるアドバンスクリエイトもJASDAQに上場しているので多分、そうなのかな?と勝手に思っているだけですが。違っていたらごめんなさい(笑)

とにかくこの保険市場が提供している保険シミュレーションがすごく便利なんですよね。このサイトの一番上にも貼ってあるヤツです。

※ 以下がそのパーツです。年齢と性別を選んでポチっとボタン押すだけ

 誰か知らない人の口コミよりはマシ!保険シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

資料イメージ 性別と年齢を打ち込むことで自分にぴったりの保険をまとめてピックアップしてくれて、その中から気になるモノだけ無料で資料請求することが出来ます。

有名な保険会社はほとんど取り扱っているのでかなり使い勝手良いです。

この時点でもう大体どこの保険にするか決めていたのですが、なにせ臆病者だったので決めきれませんでした。

そこでテレビCMでもよく見かける「ほけんの窓口」が家の近くのイオンモールの中にあったのを思い出して相談しにいきました。

プロの意見を聞いて最終決定!

ほけんの窓口イメージ 「すごい売り込みとかされたら嫌だなぁ・・・」

ぶっちゃけた話、実際に行くまではかなり警戒していましたが、全然大したことなかったです。

さすがに「これなんかいかがでしょう?」的なおすすめぐらいはいくつかありましたけどね。

「絶対にコレです!いやもうコレしかありませんって!いますぐ決めないと損です!さぁっ!さぁっっっ!!」

・・・みたいなのは私の中の妄想が爆発していただけで全く無かったです(笑)

資料請求をした時点でもともと自分の中ではある程度の候補は決まっていたというのもあったかもしれません。

もし資料にあらかじめ目を通していなければ、やっぱりプロの方の意見は説得力もあるので流されるままに入っていた可能性もあります。

実際には自分が考えていたのよりさらに良くなったカンジですね(^^

最後に個人的な感想をひとこと

保険ってやっぱり高額なモノだし、インターネットだけじゃなく、身のまわりの人間だからと全ての意見を鵜呑みにするのは危険だと思います。今回のかんぽ生命の不払いの件でつくづくそう思いました。

以上のことから私の加入した保険についても具体的に書くのは辞めておきますね。

皆様にとって少しでも参考になれば嬉しいです(^^

保険市場の公式サイトはこちら
http://www.hokende.com/

ほけんの窓口の公式サイトはこちら
http://www.hokennomadoguchi.com/